【最新2021年版】クラウドファンディングサイトの手数料を徹底比較

クラウドファンディングとは?

クラウドファンディングとは?「クラウドファンディング」という言葉を耳にしたことはありますか?「クラウドファンディング」とは、「群衆(クラウド)」と「資金調達(ファンディング)」を組み合わせた造語のこと。「クラウドファンディング」には代表的に以下のような種類があります。

  • 購入型クラウドファンディング
  • 寄付型クラウドファンディング
  • 投資型クラウドファンディング
  • 融資型クラウドファンディング

それぞれ資金や支援者へのリターンが異なります。

クラウドファンディングには手数料がかかる?

クラウドファンディングには手数料がかかる?クラウドファンディングには手数料がかかります。手数料がとられてしまうのはプロジェクトの成功時です。クラウドファンディングサイトや種類によって手数料はまちまち。しかしながら、手数料が安ければいいというものではありません。手数料はクラウドファンディングサイトに入るお金ですので、それによってクラウドファンディングサイトが運営されています。よって、手数料があまりにも安い場合には十分なサポートが受けられないかもしれないのです。手数料と受けられるサポートを確認して、自分が納得できるサイトを選びましょう。

【比較】購入型クラウドファンディングの手数料

【比較】購入型クラウドファンディングの手数料「購入型クラウドファンディング」は文字通り、ショッピング感覚で支援できるクラウドファンディングです。支援のリターンとして商品が届いたり、サービスを受けられたりします。クラウドファンディングとしては最も有名なもので、手数料平均はだいたい14%です。

手数料10%以下の購入型クラウドファンディング

手数料10%以下の購入型クラウドファンディング事業者名と具体的なパーセンテージは以下のとおりです。

手数料11~19%の購入型クラウドファンディング

手数料11~19%の購入型クラウドファンディング事業者名と具体的なパーセンテージは以下のとおりです。

手数料20%以上の購入型クラウドファンディング

手数料20%以上の購入型クラウドファンディング事業者名と具体的なパーセンテージは以下のとおりです。

【比較】寄付型クラウドファンディングの手数料

【比較】寄付型クラウドファンディングの手数料「寄付型クラウドファンディング」は支援者たちがプロジェクトに対して寄付をすることで資金を調達するものです。寄付ですのでリターンはありません。しかし、プロジェクトによっては手紙などがリターンとして用意されていることも。社会貢献性が高いプロジェクトに使われることが多く、手数料平均は約12%です。

手数料10%以下の寄付型クラウドファンディング

手数料10%以下の寄付型クラウドファンディング事業者名と具体的なパーセンテージは以下のとおりです。

手数料11~19%の寄付型クラウドファンディング

手数料11~19%の寄付型クラウドファンディング事業者名と具体的なパーセンテージは以下のとおりです。

手数料20%以上の寄付型クラウドファンディング

手数料20%以上の寄付型クラウドファンディング事業者名と具体的なパーセンテージは以下のとおりです。 現在(2021年5月8日時点)では、手数料20%以上の寄付型クラウドファンディングは存在しませんでした。しかしながら、クラウドファンディングの手数料は変更になることもあるので、常にチェックしておくことが大切です。

【比較】投資型クラウドファンディングの手数料

【比較】投資型クラウドファンディングの手数料「投資型クラウドファンディング」は個人投資家に対して資金を募るものです。投資型のなかには「株式投資型」のほかにも「不動産投資型」があります。リターンとしては、株式投資型は未公開株、不動産投資型は家賃収入などです。なかには投資家にも事業者にも制限があるものがありますので、投資型クラウドファンディングを利用する際には規約などをしっかりと読みましょう。平均はだいたい15%です。

手数料10%以下の株式投資型クラウドファンディング

手数料10%以下の投資型クラウドファンディング事業者名と具体的なパーセンテージは以下のとおりです。

手数料11~19%の株式投資型クラウドファンディング

手数料11~19%の投資型クラウドファンディング事業者名と具体的なパーセンテージは以下のとおりです。

  • イークラウド :15%(株式の発行総額のうち5,000万円超に対して)
  • FUNDINNO:15%(2度目の場合)
  • CAMPFIRE Angels:15%(募集総額のうち 3,000万円超6,000万円までに対して)

手数料20%以上の株式投資型クラウドファンディング

手数料20%以上の投資型クラウドファンディング事業者名と具体的なパーセンテージは以下のとおりです。

不動産投資型クラウドファンディングの手数料

不動産投資型クラウドファンディング事業者名と具体的な手数料は以下のとおりです。

  • PARTNERS Funding(会員登録・出資者情報登録費用)
  • CREAL:0円(口座開設・維持費用)
  • Rimple:0円(口座開設・維持費用)
  • CRE Funding:0円(口座開設・管理費用)
  • Jointo α:0円(会員登録・投資申請費用)
  • ちょこっと不動産:0円(契約事務手数料)、11,000円(譲渡・相続事務手数料)

以上で紹介したほかにも「信長ファンディング」や「WARASHIBE」などの不動産投資型クラウドファンディング事業者があります。ここに書かれている以外にもファンドごとの手数料や振込手数料がかかりますので、利用する際にはしっかりと確認しておきましょう。

【比較】融資型クラウドファンディングの手数料

【比較】融資型クラウドファンディングの手数料「融資型クラウドファンディング」は個人から資金を集め、クラウドファンディング事業者が仲介することによって、その集めた資金を起案者に融資するというものです。購入型や寄付型とは違って、金銭的なリターンを得られることが特徴。「ソーシャルレンディング」として広く知られており、手数料平均はだいたい6%です。

手数料5%以下の融資型クラウドファンディング

手数料5%以下の融資型クラウドファンディング事業者名と具体的なパーセンテージは以下のとおりです。

手数料6%以上の融資型クラウドファンディング

手数料6%以上の融資型クラウドファンディング事業者名と具体的なパーセンテージは以下のとおりです。

クラウドファンディングサイトは自分にあったものを

クラウドファンディングサイトは自分にあったものをクラウドファンディングにはさまざまな種類があり、そのうえクラウドファンディングサイトによって手数料もサポートも多種多様です。 利用するクラウドファンディングサイトを決めるうえでは多くのことを考える必要があります。面倒に感じてしまうかもしれませんが、資金調達はとても大事なこと。しっかりと時間をかけて調べ、自分が納得したクラウドファンディングサイトを利用するようにしましょう。

業界トップの利回り・損失保証水準を実現!