クラウドファンディングにおけるリターンとは?

クラウドファンディングとはどんな仕組み?

クラウドファンディングとはどんな仕組み?クラウドファンディングは、インターネットを介して不特定多数の人から資金を調達するシステムです。クラウドは日本語で群衆という意味で、ファウンディングは資金調達を意味しています。それら2つを合わせて、「群衆からの資金調達」という意味の造語です。 クラウドファウンディングでは、最初に、起案者がクラウドファウンディングの事業者にビジネスの案を登録して支援を募集します。次に、支援者はクラウドファウンディング事業者のサイトより、支援したい起案者を選び、資金を支援します。起案者は、クラウドファウンディングの事業者を介して、資金を受け取るシステムです。そして、起案者は支援者にお礼としてリターンを渡します。 クラウドファウンディングを運営している会社は複数あり、CAMPFIRE(キャンプファイヤー)やMakuake(マクアケ)などが大手事業者です。

クラウドファンディングのリターンがあるのは「投資型」と「購入型」

クラウドファンディングのリターンがあるのは「投資型」と「購入型」リターンを得る目的でクラウドファウンディングを行う場合は、購入型か投資型を選びましょう。まずは、購入型クラウドファウンディングと投資型クラウドファウンディングの仕組みや、メリットとデメリットとを解説します。

購入型クラウドファウンディングの仕組みとメリットデメリットとは?

購入型クラウドファウンディングは、先ほどのクラウドファウンディングの基本に近い取引です。購入型クラウドファウンディングでは、起案者はなんらかのプロジェクトをクラウドファウンディングサイトで提案し、支援者が資金を払います。そして、起案者は支援者に対して、物やサービスなどをリターンとして返すというシステムです。 投資をした支援者側にある大きなメリットは、プロジェクトに資金を提供することでしか得るとができない特別な物やサービスを購入できるという点です。例としては、特別な会員権や先行上映会への招待などがあげられます。 一方、デメリットとしては、支援したリターンがいつまでも届かないというトラブルが起こることがあります。支援する時点で、そのアイデアが実現可能かどうかを判断する力が求められるでしょう。

投資型クラウドファウンディングの仕組みとメリットデメリットとは?

投資型クラウドファウンディングは、出資のリターンとして、現金や株式の分配を受けられるシステムです。起案者は新規事業を行いたい個人事業主や、ベンチャー企業が多い点が特徴です。投資型クラウドファンディングは、さらに詳しく3種類に分けられます。融資型クラウドファンディング、株式投資型クラウドファンディング、ファンド型クラウドファンディングです。 クラウドファウンディング投資のメリットとしては、少額から始められることと、利回りが高いことにあります。クラウドファウンディング投資では、従来の証券会社を使うような投資よりも小さな資金で始められます。近年、普通のサラリーマンができる投資として、投資信託が人気です。クラウドファウンディング投資も、投資信託と同じように少額から始められる投資で、業者によりますが、1万円程度から始められます。また、クラウドファンディング投資では、個人事業主やベンチャー企業が投資先であるため、高い利回りを期待できる点もメリットです。 投資型クラウドファンディングの最大のデメリットは、貸倒リスクがあることです。高利回りで大きなリターンを狙える投資に共通していることですが、高いリターンを期待できる投資には、安定性が少なく出資金の元本を割ってしまうことがあります。

起案者サイトからみるリターンの設定のポイントとは?

起案者サイトからみるリターンの設定のポイントとは?投資型のクラウドファウンディングに投資を行うときは、株式投資などと同じく、将来性をみて投資をすることをおすすめします。一方、購入型クラウドファンディングに資金を提供する場合は、自分がほしいと思えるリターンを得られるものに投資をしましょう。購入型クラウドファンディングに出資する場合は、リターンを気に入ったものに投資し、サービスを購入するという考え方をすることをおすすめします。 もし、クラウドファンディングの起案者として購入型クラウドファンディングを企画するのであれば、購入してもらえそうな魅力的なサービスで、他では買えないものであるという点を意識してリターンを設定しましょう。また、リターンの数は10個程度を目安に選びやすくする、メインとなる商品が分かるようにする、欲しい!と思えるようなビジュアルでアイデアを紹介するなどのポイントを意識しましょう。 購入型クラウドファンディングの最大のメリットは、そのプロジェクトでしか受けられないサービスなどのリターンです。自分が出資者となる場合は、満足できるサービスを提供してくれるリターンを探して出資をしましょう。

リターンのないクラウドファンディンにはどんなものがあるの?

リターンのないクラウドファンディンにはどんなものがあるの?リターンのないクラウドファウンディングには、寄付型のクラウドファウンディングがあります。寄付型のクラウドファウンディングでは、起案者はクラウドファウンディングで寄付をつのり、支援者は、クラウドファウンディングの運営会社に寄付金を支払います。こちらは、商品やサービスなどのリターンを得ることはありません。NPO法人や、公益財団法人などが起案者となり、発展途上国への支援や環境保全、災害時支援などが目的の場合に活用されることが多いです。また、資産価値があるリターンやサービスは返ってきませんが、写真、手紙、活動内容などがお礼として支援者に報告されることが一般的です。

リターンを得るなら「投資型」または「購入型」クラウドファンディングを!

リターンを得るなら「投資型」または「購入型」クラウドファンディングを!リターン目的でクラウドファンディングに出資するのであれば、投資型または購入型のクラウドファウンディングに出資をしましょう。投資型クラウドファンディングは投資の一種で、プロジェクトが成功すればするほど、大きなリターンを得られるため、利回りの高い投資を行いたい方におすすめです。また、購入型クラウドファンディングのリターンは、そのでしか得られない物やサービスがリターンとして設定されています。個性が強く魅力的なサービスを受けたいと思ったときにおすすめです。また、お金やサービスとしてのリターンはありませんが、寄付型のクラウドファウンディングも、社会貢献をしたいと思ったときにおすすめです。発展途上国の子供たちを支援すると写真付きで手紙が届いたり、自分の故郷の自然を守るための取り組みができたりと、気持ちのよい出資ができるものが多数あります。 クラウドファンディングは、もともと夢を叶えたい人や、欲しい商品を開発したい人が、出資者を募集するためにできた仕組みです。興味のあるものがあれば、ぜひ一度出資してみると、よい経験になるのではないでしょうか。

業界トップの利回り・損失保証水準を実現!