不動産投資型クラウドファンディングとは?仕組みやメリット・デメリットを徹底解説

不動産投資型クラウドファンディングとは?

不動産投資型クラウドファンディングとは?不動産投資型クラウドファンディングとは、ひとつの物件に対してクラウドファンディングによって多くの投資希望者からの資金を集めることで不動産投資を行うことです。不動産運用によって得られた収益は投資者に分配されることになっており、それが不動産投資型クラウドファンディングのリターンです。少額から始められるなどのメリットもあり、不動産投資の初心者でも安心して取り組めるのがポイントです。

不動産投資型クラウドファンディングの仕組みは?

不動産投資型クラウドファンディングの仕組みは?不動産投資型クラウドファンディングの仕組みは通常の不動産投資と変わりません。お金を集めて不動産に投資し、その不動産を運用することで家賃などの収益を得るのです。よって、投資した不動産にたくさんの入居者が入れば、それだけ収益も大きくなっていきます。不動産投資型クラウドファンディングの収益を手に入れる仕組みを頭に入れておくと、より効率的な投資ができるようになるかもしれません。常に仕組みを意識しながら投資をするようにしましょう。

不動産投資型クラウドファンディングのメリット

不動産投資型クラウドファンディングのメリットここでは不動産投資型クラウドファンディングのメリットについて紹介します。不動産投資型クラウドファンディングは投資初心者でも簡単かつ安心して取り組める投資として注目されています。投資がしたいと考えているひとはまずクラウドファンディングを活用した不動産投資から始めるといいかもしれません。不動産投資型クラウドファンディングのメリットを知り、自分に合ったものかどうかを確かめましょう。

少額から始められる

不動産投資型クラウドファンディングは少額から始められます。なぜなら、通常の不動産投資とは違って、多くの投資者から資金を募るからです。よって、1万円からでも不動産投資が可能です。できるだけリスクを背負いたくない投資初心者や若者、融資を受けられない方にも非常に嬉しいメリットですよね。

簡単な手続きで始められる

不動産投資型クラウドファンディングは通常の不動産投資よりも手続きが比較的簡単なこともポイントのひとつ。クラウドファンディング事業者が不動産との間に入って、面倒なことを省いてくれているのです。通常の不動産投資では、多額のお金を集めるために融資の手続きをしたり、自分でいい投資物件を探したり、その管理をしたりと非常に多くの手間がかかるもの。しかしながら、不動産投資型クラウドファンディングでは会員登録をして、あとは1万円を用意するだけでOK。簡単に不労所得への道をスタートできるのです。

不動産の管理をしなくていい

不動産投資をすると、不動産の管理も自分でやらなくてはいけないと知っていましたか?災害などで不動産が損壊してしまったときの修繕や古くなってきた設備の交換など、普通に不動産投資をしているとたくさんの管理コストがかかってしまうのです。それに比べて不動産投資型クラウドファンディングでは、不動産の管理を一切する必要がありません。これもクラウドファンディング事業者がしてくれるからです。投資者はただ投資するだけでいいのです。

プロジェクトがはっきりとわかる

不動産投資型クラウドファンディングと似たものとして「ソーシャルレンディング」が挙げられます。そのソーシャルレンディングでは、プロジェクトの情報がはっきりと公開されていませんでした。しかしながら、不動産投資型クラウドファンディングにおいてはサイトでプロジェクトの情報がまるっと把握できます。よって、自分がどこにお金をかけるのかが理解できて、安心して投資がスタートできますよ。

不動産投資型クラウドファンディングのデメリット

不動産投資型クラウドファンディングのデメリットもちろん不動産投資型クラウドファンディングにはメリットだけがあるわけではありません。ここでは不動産投資型クラウドファンディングのデメリットを紹介します。メリットとデメリットの両方を把握しておくことによって、この投資方法が自分に向いているのかを見極められるようになります。デメリットを知らないままにしていると、投資をしたあとに「やめておけばよかった」と後悔してしまうかもしれません。不動産投資型クラウドファンディングのデメリットはしっかりと押さえておきましょう。

元本割れの可能性がある

不動産投資型クラウドファンディングはいくら初心者に優しいとはいえ、やはり元本割れしてしまうケースもあります。元本割れとは「価格変動によって購入時よりも商品の値段が下がってしまうこと」です。しかしながら、不動産投資型クラウドファンディングでは投資家の出資を「優先出資」、事業者の出資を「劣後出資」として区分することで「元本割れが発生した際に事業者側が優先して損失を受けます」という契約を結ぶことが多いです。これを「優先劣後スキーム」と呼ぶことがあります。つまり、20%の優先劣後スキームを採用している場合には、20%の元本割れまでは投資家ではなくて事業者側で負担するということです。もちろん、それでも元本割れの可能性が0になったわけではありませんので、注意が必要です。

レバレッジ効果が期待できない

不動産投資型クラウドファンディングではレバレッジ効果が期待できません。なぜなら、不動産投資型クラウドファンディングのために融資をしてくれるような場所はなく、そのほかのカードローンによる融資では金利が高過ぎて採算が合わないからです。通常の不動産投資であれば、融資を受けることでレバレッジ効果を発揮させ、短期間で不労所得を得られることもあります。それに対して不動産投資型クラウドファンディングでは、コツコツと長期間で資産を増やしていくほかないのです。

応募が早い者勝ちになりがち

不動産投資型クラウドファンディングは参加を希望する方が非常に多く、それによって応募が早い者勝ちになりがちです。大きなメリットによって初心者や若者でも気軽に投資ができるからでしょうか。なかには応募人数の数倍近くの希望者が集まってしまうこともあります。それほどの応募があることがわかると、どうしても投資物件の詳細を確認しないまま投資してしまいがち。自分がお金をかけるものの詳細がわかっていないというのは投資後の後悔につながりやすいですので、気をつけておきましょう。また、なかには早い者勝ちを防ぐために抽選になっているところもあり、PARTNERS Fundingは完全抽選制となっています。

不動産投資型クラウドファンディングサイト5選

不動産投資型クラウドファンディングサイト5選不動産投資型クラウドファンディングをするためにはその事業者サイトを知っている必要があります。それぞれに特徴があったり、別の物件を募集していたりするので、知らないままにしていると少し損をしてしまうかも。ここでは不動産投資型クラウドファンディングサイトを5つ紹介します。実際に投資をしてみたいひとは絶対に押さえておくべき情報です。ぜひ参考にしてみてください。

PARTNERS Funding

紹介する不動産投資型クラウドファンディングサイトの1つ目は「PARTNERS Funding」です。「PARTNERS Funding」は中古投資用ワンルームマンションを専門に取り扱っており、2011年の創業から9年連続増収増益。いまも継続しています。「PARTNERS Funding」が管理している物件の99.7%が入居しており、利回りも8%という業界ではトップクラスに高いものになっています。いままで元本割れをしたものは1つもなく、さらに元本割れが起きても30%までは投資者が損をしない方式をとっているので、安心して投資できるサイトです。

CREAL

不動産投資型クラウドファンディングの2つ目は「CREAL」です。「CREAL」はクラウドファンディングサービス運用資産残高調査において第一位を獲得した経験があり、累計調達額も90億円を突破している、非常に実績のあるクラウドファンディングサイトです。想定利回りはファンドごとに違いますが3~8%くらい。優先劣後スキームも採用されているので、元本割れがあったときには投資者より先に事業者が負担してくれます。初心者でも安心できる無料セミナーも開催されているため、十分な説明を受けたあとに納得して投資ができるサイトです。

利回り不動産

不動産投資型クラウドファンディングの3つ目は「利回り不動産」です。「不動産投資をもっと手軽に」という文言を掲げているこのサイトは、優先劣後スキームが採用されており、元本割れ10%以内であれば事業者側が負担してくれます。さらにはマスターリース契約によって、安定した収入の確保もできるのです。2021年7月31日までならセミナーに参加するだけでAmazonギフトカード1,000円分プレゼントがあります。加えて、新規口座開設と初回投資で10,000円分が当たるかもしれませんよ。

OwnersBook

不動産投資型クラウドファンディングの4つ目は「OwnersBook」です。「OwnersBook」は東証マザーズに上場している「ロードスターキャピタル株式会社」が運営している不動産特化型クラウドファンディング。2014年に誕生した国内最初の不動産特化型クラウドファンディングで、20年超の不動産業界経験者や多数の不動産関連資格取得者が厳選した案件に1万円という少額から投資できます。利回りは3.8~7.5%ほど。運営会社が上場企業であることや、不動産のプロが物件を選んでくれていることで非常に信頼のある情報を手に入れられます。

FANTAS funding

不動産投資型クラウドファンディングの5つ目は「FANTAS funding」です。「FANTAS funding」では自分のスタイルに合わせた不動産投資が可能になります。キャピタル重視型やインカム重視型、また新築マンションや中古マンション再生物件までさまざまなプロジェクトが掲載されており、自分に合ったものを見つけられるのです。よって、利回りにも幅があり、1~9%ほどの利回りプロジェクトが掲載されています。優先劣後スキームもあり、案件によって変動する可能性はありますが基本的には20%までの元本割れであれば事業者側の保証範囲。自分の投資スタイルをまだ見つけられていない方にはおすすめです。

ちょこっと不動産

不動産投資型クラウドファンディングの6つ目は「ちょこっと不動産」です。「ちょこっと不動産」はその名のとおり少額でサクッと始められる不動産型クラウドファンディングサイト。手続きが簡単で、優先劣後スキームも20%に設定されています。短期プロジェクトから中長期プロジェクトまで多様なプロジェクトがあるため、初心者でも手軽に始められるのがポイントです。

不動産投資型クラウドファンディングで投資家になろう

不動産投資型クラウドファンディングで投資家になろう不動産投資型クラウドファンディングは誰でも手軽に投資家への第一歩をスタートできるものです。しかしながら、もちろんデメリットもあります。メリットとデメリットの両方をしっかりと頭に入れた状態で、さまざまなクラウドファンディングサイトから自分が不動産投資を行うサイトを見つけることが重要です。自分にあったサイトを見つけ、不動産投資型クラウドファンディングで投資家になりましょう。

業界トップの利回り・損失保証水準を実現!