初心者に一押し!クラウドファンディング型不動産投資ができるファンド紹介

クラウドファンディング型不動産投資とは?

クラウドファンディング型不動産投資とは?クラウドファンディング型投資とは、投資希望者から資金を集め、それを元手に不動産投資を行い、利益を出資者に還元する新しい投資方法です。不動産投資はローリスクで安定したリターンが望める人気の投資方法ですが、初期費用がかかることがデメリットでした。クラウドファンディング型投資は、このデメリットを解消した投資方法です。出資者は少ない元手で投資を始められ、安定した利益を得られます。また、1人ではなかなか手が出なかった大型マンションなどにも、投資が可能になるのもメリットです。

クラウドファンディング型不動産投資のメリット・デメリット

クラウドファンディング型不動産投資のメリット・デメリットクラウドファンディング型不動産投資にもメリットとデメリットがあります。ここでは、メリット・デメリットについて詳しく解説します。

メリット

クラウドファンディング型不動産投資のメリットにまず挙げられるのは、少額から投資ができることです。一般的な不動産投資は数百万~数千万円の初期費用が必要になります。ローンを組むこともできますが、元本割れのリスクがある投資に、多額のローンを組むのは勇気がいるでしょう。クラウドファンディング型不動産投資ならば、数万円から不動産投資が可能です。全ての手続きがオンライン上で終わるので、不動産会社に足を運んだり物件を確認したりする必要はありません。また、「貸付型クラウドファンディング」と異なり、自分で投資する不動産物件を選ぶことが可能です。このほか、クラウドファンディング型不動産投資を行う多くの業者が、「優先劣後方式」を採用しています。これは、投資を取りまとめる法人よりも、出資者の利益を優先する方式です。ですから、多少物件の価値が下落しても出資者が損をすることはありません。初心者にも安心してチャレンジできる投資といえます。このほか、10万円、20万円といった高めの出資をすることも可能です。慣れてきたらチャレンジしてみてもいいでしょう。

デメリット

クラウドファンディング型不動産投資はローリスクですが、ノーリスクではありません。物件によっては元本割れすることもあります。また、1つのクラウドファンディング型不動産投資に参加できる人数は限られています。人気の物件に出資希望者が殺到し、人気のない物件ばかりが残っていることも珍しくありません。クラウドファンディング型不動産投資で大きな利益を上げようと思ったら、常にサイトをチェックしておく必要があります。このほか、クラウドファンディング型不動産投資を利用する法人は自力で物件を買う力がないところもあるため、信用がおけない会社が参加している可能性も0ではありません。そのため、物件だけでなく信用がおける法人を見抜く力が必要になります。さらに、日本在住であることが条件のファンドもあります。海外在住の日本人には向いていない投資法です。法人も利用できないというファンドも珍しくありません。

初心者におすすめめのクラウドファンディング型不動産投資ができるファンド紹介

初心者におすすめめのクラウドファンディング型不動産投資ができるファンド紹介ここでは、以下に初心者にもおすすめな、クラウドファンディング型不動産投資ができるファンドを6つ紹介します。ファンド選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

パートナーズファンディング

パートナーズファンディングは、利回り8%と、業界でも最高水準の償還を行っているファンドです。クラウドファンディング型不動産投資は利回りがやや低いファンドが多いですが、利回りが8%ならば少額の融資でも高いリターンを期待できるでしょう。また、不動産投資が初めての方でも、1万円から気軽に不動産投資を始められます。しかも、必要なものはスマホだけです。日本国内に住む満20歳以上~70歳以下の個人の方のみが参加できるので、優良な物件を法人や海外の投資家が一気に買い占めることもありません。不動産投資は初めてという方でも最も利用しやすいファンドの1つです。

COZUCHI

COZUCHIは、不動産の取得、売却、リフォーム、仲介会社からスタートしたファンドです。長年の実績により不動産投資のノウハウがしっかりと構築されているため、安心して利用できます。新しい物件はもちろんのこと、リフォームやリノベーションをして価値がある物件を多数取り扱っており、いわゆる「穴場物件」を探せる面白さもあります。初心者はもちろんのこと、不動産投資にある程度慣れた人にもおすすめです。都内の物件が多いので、値上がりが期待できる物件もたくさんあります。商業物件は個人宅よりも下落しにくいので、おすすめの投資物件といえるでしょう。

ちょこっと不動産

ちょこっと不動産は、その名の通り少額から始められる不動産投資ファンドです。最低金額は1万円なので、株式投資よりも簡単にできるのがポイントです。また、会員登録から投資まで全てスマホで完結するので、家にいながら不動産投資ができます。また、クーリングオフ制度も利用できるため、申し込みから8日までであれば解約ができるのでより安心です。なお、出資者になれるのは日本に住んでいる個人のみなので注意しましょう。海外在住者は日本国籍があっても申し込みができません。ボーナスや退職金の一部を運営したいという方にもおすすめです。

プレファン

オープンハウス・グループのマンションデベロッパーが運営しているファンドです。不動産会社のノウハウを利用して利回りが高い自社物件を多数かかえています。また、優先劣後方式を取り入れているため、評価額が30%以上下落しない限り出資者が損をすることはありません。可能な限り損をせずに不動産投資を始めてみたいという方におすすめです。ただし、商業施設に投資はできません。マンションばかりなので、一度下落を始めると全ての物件が下落というリスクも考えられます。

CREAL

マンションだけでなくホテルなどの商業物件も取り扱っているファンドです。1万円から投資ができ、安全性も高いのが特徴です。マンションだけでなく商業物件に投資をしてみたい方におすすめのファンドです。また、不動産投資に関するセミナーも主催しており、不動産投資の勉強をしたい方にもおすすめです。

Rimple

リアルエステートコインを利用して不動産投資ができるファンドです。他のサイトを利用してリアルエステートコインが貯まっており、使い道を探している人におすすめです。現金以外の方法で不動産投資ができるので、初めての方でも参入しやすいでしょう。ただ、出資者を選ぶ方法が早い者勝ちではなく抽選のため、希望の物件に出資できるかできないかは運にもよります。ですから、確実に稼げる物件を探したい人にも少し利用しにくいかもしれません。

クラウドファンディング型不動産投資を扱うファンドの選び方

クラウドファンディング型不動産投資を扱うファンドの選び方クラウドファンディング型不動産投資を扱うファンドには、それぞれ特徴があります。出資できる最低金額などにはあまり差が見られませんが、扱う物件の種類や出資者を集う方法には差があります。たとえば、自社物件だけを扱うファンドもあれば、ホテルなど商業施設を扱うファンドもあります。まずは、どんな物件に投資ができるかどうか確認をしてファンドを選びましょう。また、出資者になれる条件もファンドごとに異なるので確認してください。多くのファンドが日本在住であることを条件付けています。どのファンドを選んでも、ネット環境は必要です。ネット環境がない、もしくは安定しないという方は、まずネット環境を整えましょう。

クラウドファンディング型で少額から不動産投資を始めよう

クラウドファンディング型で少額から不動産投資を始めようクラウドファンディング型不動産投資を利用すれば、少額でも初心者でも簡単に投資が可能になります。全額自分で支払うよりリターンは低いかもしれませんが、リスクも少なく安全かつ長期的な投資先を探している人にはぴったりです。スマホだけで取引ができることも多く、不動産投資のセミナーを実施しているファンドもあります。1万円から投資を始め、慣れてきたら出資額を増やす方法もおすすめです。まずはファンド選びから始めましょう。特徴をよく確かめ、自分に合ったものを探せば、出資するだけである程度の利益を見込めるはずです。

業界トップの利回り・損失保証水準を実現!