マンションを1番高く売るための5つのコツ!不動産売却のプロが一挙解説!

「所有しているマンションを1番高く売りたい!」そう考えているあなた、必見です。

青年 たかい君

この記事では、こんな不安・お悩みを解決していきます!

・営業マンにうまく言いくるめられ、相場より安く売られてしまうのではないか
・どうせ売るなら1番高く売るコツを知りたいがどうすればいいのか分からない
・買ってくれる人はすぐに見つかるものなのか

マンションを1番高く売るための5つのコツ!

会社員 たかい社員

この5つのコツさえ押さえておけば安心ですね!

高く売るコツ①売却までは3ヶ月以上余裕をもったスケジュールを組む

マンションを売却する時は、最低でも3ヶ月以上の余裕をもってスケジュールを想定しておくようにしましょう。

つまり、決して短期で売却しようとせず、焦って売却へ踏み切らないことが大事ということです。
急いで売却を進めてしまうと、適正価格より安く売却してしまう「売り急ぎ」を招くリスクが高まるためです。

売り手が短期での売却を希望すると、不動産会社はすぐに買ってくれる人を見つけようとするため、価格勝負に持ち込まれがちです。価格を下げれば買い手が見つかる可能性が高まるからです。

このように、急いで売ろうとすると、価格を下げられてしまう可能性があるので、よほどの事がない限り、マンションの売却は目安3ヶ月以上の余裕をもって進めていくようにしてください。

説明する会社員 たかい社員

売却を不動産会社にお願いしてから、実際に買い手を見つけるまでは、標準で3ヶ月程度と言われています。

高く売るコツ②マンション相場を自分で調べておく


自分が所有しているマンションは、大切な資産です。事前に相場を調べてきちんと把握しておきましょう。

もし相場を把握しておかなければ、買主や不動産会社の言い値で安く売却されてしまうこともあるかも知れません。相場を把握しておけば、むやみな取引はされないでしょう。自分の資産を守るためにも、相場は事前に把握しておきましょう。

ただし、相場はあくまでも相場なので、これが絶対というわけではありません。相場を把握した上で、信頼できる不動産のプロの意見や根拠を聞き、慎重に判断しましょう。

青年 たかいくん

相場の調べ方は、
・マンションの築年数
・駅からの距離
・部屋の広さなど
自分の所有しているマンションと似ている条件で相場を調べよう。

相場より安ければ、何か理由があるのかも知れません。不動産会社に相場よりも安い理由を聞いてみましょう。

 

知っておくとタメになるコラム

~自分の所有している物件の価値を把握しておく~

物件の需要が高ければ、安値で売る必要はありません。需要があるため、買主と出会えれば高く売れます。対して、需要が他の物件に比べて低い場合は、自分の希望している価格とかけ離れてしまう可能性もあります。

相場感を知っておくことで、自分のマンションの価格が「相場より高いのか低いのか」を知ることができ、自分の意見を持って、営業マンや買主と価格交渉ができるようになります。

高く売るコツ③得意分野である不動産会社にお願いする


自分が所有しているマンションタイプを得意分野とする不動産会社にお願いしましょう。

自分の所有しているマンションが「中古ワンルームマンション」であれば、中古ワンルームを専門に取り扱っている会社に任せましょう。

自分の所有しているマンションが「中古ワンルームマンション」にも関わらず、「新築ワンルームマンション」が得意分野の不動産会社にお願いしても、売却のノウハウが異なるため、不動産会社の得意分野ごとにお任せしましょう。

青年 たかいくん

野球選手にサッカーを教えてもらうのではなく、野球を教わるのと同じです。
牛肉屋さんに鶏肉や魚のことを聞いてもわかりませんね。

それぞれ専門分野があるので、その道の専門家に聞くのが一番の近道です。

高く売るコツ④実績ががある会社を選ぶ


実績がきちんとある会社を選びましょう。実績があるということは、揺るがない事実なので信用に値します。

実際に過去何件も売却の取引をしている会社は、売却のことはもちろん、買主探しに慣れていたり、買主との繋がりがあったりします。

取扱い件数など、目に見える数字で、実績を確認しましょう。

高く売るコツ⑤媒介契約は専属専任契約か専任契約を結ぶ


マンションを売却する際は、必ず不動産会社と媒介契約を結びます。その際は専任媒介もしくは専属専任媒介をおすすめします。

媒介契約の種類は3種類あります。

・専属専任契約
・専任契約
・一般媒介契約

専任もしくは専属専任をおすすめする理由としては、不動産会社が一生懸命になってくれるからです。

専任媒介では、売主は不動産会社一社のみに買主探しをお願いします。
対して、一般媒介では、売主は同時に複数の不動産会社へ仲介を依頼することができます。

一見、たくさんの不動産会社に同時にお願いできるなら、一般媒介のほうがいいと思う人もいるかもしれません。
しかし、一般媒介の場合、不動産会社の立場からすると、「売却するためにお金と時間をかけても、結果、他社の方が先に売買契約を成立してしまったら、すべてがムダになってしまう」という心境なわけです。

以上のことを考えると、不動産会社は、専任契約で「自分たちの会社だけにお願いされている」方が、売却に向けて、より一層一生懸命に活動してくれると期待できます。

まとめ

マンションを1番高く売るコツ
①売却までは3ヶ月以上余裕をもったスケジュールを組む
マンション相場を自分で調べておく
得意分野である不動産会社にお願いする
実績ががある会社を選ぶ
⑤媒介契約は専属専任契約か専任契約を結ぶ

 

業界トップの利回り・損失保証水準を実現!