【5分で正しく分かる仕組み図つき】サブリースとマスターリースの違い

「サブリース」「マスターリース」

「よく目にするけれど、どう違うのか分からない」という方は多いのではないでしょうか?

本記事では、一目瞭然でわかる仕組み図を用いて「5分で」「正しく」理解できるよう、分かりやすく簡潔に説明していきます。

【マスターリース】とは、オーナー(貸主)とサブリース会社(転貸人)サブリースを目的とした一括賃貸借のこと

マスターリースとは、「サブリース(第三者への転貸)を目的とした一括賃貸借契約」のことをいい、オーナー(貸主)とサブリース会社(転貸人)が結ぶ契約の事を言います。

上記の一連の契約のことを「サブリース」と呼ばれることもあります。

注意が必要なのは「一括」というのは、「一棟アパートやマンションを丸々借り上げる」パターンだけに限らず、「空室のみを一括借り上げする」パターンなどもあるので、契約の際に契約書の内容をよく確認する必要があります。

【サブリース】とは、不動産会社(転貸人)と入居者(転借人)が結ぶ転貸借契約のこと

サブリースとは、オーナー(貸主)から物件を借り上げた「サブリース会社が第三者に貸す(=転貸)」ことを言います。

上記の一連の契約のことを「サブリース」と呼ばれることもあります。

まとめ

マスターリースとは、「サブリース(第三者への転貸)を目的とした一括賃貸借契約」のことをいい、オーナー(貸主)とサブリース会社(転貸人)が結ぶ契約の事を言います。

サブリースとは、オーナー(貸主)から物件を借り上げた「サブリース会社が第三者に貸す(=転貸)」ことを言います。

業界トップの利回り・損失保証水準を実現!