【5分でわかる比較表つき】インカムゲイン・キャピタルゲインとは?自分に合うのはどっち?

資産運用によって得られる利益は、大きく2つに分かれます。
インカムゲイン
キャピタルゲイン

インカムゲインキャピタルゲイン
向いている人安定した収入を長期的に得たい人一度に大きな収益を得たい人
リスク・収益性ローリスク・ローリターンハイリスク・ハイリターン
メリット利益が安定かつ継続的に入ってくる成功すれば大きな利益を得られる
デメリットキャピタルゲインに比べ利益が小さい利益が出ないもしくは損をする可能性がある
主な投資種類不動産を賃貸して得られる「家賃収入」不動産を売却して得られる「売却益」

インカムゲイン:資産を「保有」することで安定した収入を得られる


インカムゲインは、資産を「保有」することで安定した収入を得ることができます。

不動産投資での話でたとえると、マンションや一棟アパートを購入して賃貸すれば、入居者がいる限り、継続的に毎月収入が入ります。

ワンルームマンション1部屋
1部屋あたりの収益が1万円だった場合

満室で退去者が出なければ、年間12万円が安定して継続的に得られます。入居者が住み続ける限り、収入を継続的に得ることができます。

(ここでは、分かりやすいように修繕費などの経費や税金などは考えず、計算しています。)

【インカムゲインが向いている人】安定した収入を長期的に得たいと考えている人


インカムゲインが向いている人は、「安定した収入を長期的に得たい」と考えている人に向いています。「一度に大きく利益を出したい」と考える人には物足りないかもしれません。

インカムゲインはギャンブルな性質を持たないので、堅実に着実にコツコツと積み上げていきたい人向けです。

【インカムゲインのリスク・収益性】ローリスク・ローリターン


インカムゲインは安定的に収入が得られる可能性が高いため、リスクは低いのが特徴です。その代わり、利益も小さいです。

【インカムゲインのメリット】利益が安定かつ継続的に入ってくる


不動産を賃貸することで得られる「家賃収入」であれば、入居者が住み続ける限り、毎月継続的に収入を得ることができます。

【インカムゲインのデメリット】得られる利益が小さい


インカムゲインは、安定的・継続的に利益を得られる一方で、その額は小さいです。インカムゲインでは「一度に大きな利益を狙う」のではなく、「長期的に利益を積み上げていく」ことを狙います。

【インカムゲインの主な投資種類】不動産を賃貸して得られる「家賃収入」など


不動産投資でいうと、マンションや一棟アパートを購入して賃貸すれば、入居者がいる限り、継続的に毎月収入が入ってきます。これがインカムゲインです。

株式投資でいうと、保有している株数に応じて得られる配当金などをインカムゲインと言います。

キャピタルゲイン:資産を売却した際の「大きな売却利益」を狙える


キャピタルゲインとは、資産を「売却」することで得られる利益です。

不動産投資の話でたとえると、不動産の価格が低い時に購入し、価格が高くなってきたタイミングで売却すると、「売却益」が得られます。

たとえば、物件を
3,000万円で購入し、
3,500万円で売却できた場合

「差額の500万円」がキャピタルゲインです。

反対に、資産を売却することで損失が生じたときは、キャピタルを失う(ロス)ので、キャピタルロスと呼ばれます。

【キャピタルゲインが向いている人】一度に大きな収益を得たい人


キャピタルゲインは、「一度に大きな収益を得たい人」に向いています。

ただし、キャピタルゲインを狙って利益を出すのは、インカムゲインに比べて難易度が高いです。そのため、「キャピタルゲインで利益を出すことに自信のない人」や、「損失を恐れる人」には向きません。もし損失がでたとしても、「自分の読みが当たらなかったな、悔しいな。」と思えるくらいの人の方がキャピタルゲインに向いています。

当たり前ですが、キャピタルゲインで利益を出す人は、その資産や経済動向に興味があったり、知見のある詳しい人の方が得意です。

【キャピタルゲインのリスク・収益性】ハイリスク・ハイリターン


キャピタルゲインで得られる利益は、ほとんどの場合、インカムゲインに比べて大きいです。

その代わり、自分が購入した時から価格が上がらない、もしくは価格が下がってしまった場合、損失が発生します。キャピタルロスと言います。)

たとえば、最近の話だと、価格が上昇していた「武蔵小杉」駅のタワーマンションの価格が下がったという話があります。2019年、記録的勢力に発達した「台風19号」の影響で、武蔵小杉駅一帯が冠水し、地下設備への浸水で大規模な停電が発生したり、マンションへの浸水が発生しました。この影響で、一部のマンションの価格が下落してしまいました。
参考:PR TIMES

このように、購入後に何らかの影響や経済市況の変化で「価格が下がる」という可能性も大いにあるため、キャピタルゲインで利益を狙う事はハイリスク・ハイリターンであると言えます。

【キャピタルゲインのメリット】成功すれば大きな利益を得られる


適切なタイミングで売却を成功させることが出来れば、一度に大きな利益を得ることができます。

キャピタルを出すことが上手な人は、「価格が下がった時=買い時」とし、迷わず即購入し、高くなった時に売却して利益を出しています。

【キャピタルゲインのデメリット】利益が出ないもしくは損をする可能性がある


リスク・収益性のところでも説明しましたが、キャピタルゲインはハイリスク・ハイリターンです。

そのため、成功すれば大きな利益を得ることが出来ますが、失敗した場合、利益が出ない、もしくは、損をする可能性があります。

購入後に何らかの影響や経済市況の変化で「価格が下がる」という可能性も大いにあるため、キャピタルゲインで利益を狙う事はハイリスク・ハイリターンであると言えます。

【キャピタルゲインの主な投資種類】不動産を売却して得られる「売却益」など


価格の下がっている時にマンションを購入して、価格が上がったタイミングで売却をすると、売却益を得られます。これをキャピタルゲインと言います。

株式投資でいうと、株式を安い時に購入し、高くなった時点で売却して得られる売買差益をキャピタルゲインと言います。

インカムゲインを狙うなら中古ワンルーム不動産投資の株式会社パートナーズ


株式会社パートナーズは、中古ワンルームマンションを取り扱う資産運用総合アドバイジングカンパニーです。

2011年設立から9期連続増収増益を達成しており、ベストベンチャー100にも5年連続選出されています。

株式会社パートナーズの強みは、「物件仕入れ」にあります。不動産会社から物件を仕入れるのではなく、自社で直接仕入れを行なっているので、物件の価格が「適正価格」になります。不動産会社を介さず、自社で仕入れて中間コストがかかっていないからこそ実現できることです。

また、自社で仕入れているため物件取扱い数も多く、東京都港区、中央区などの都心9区、駅徒歩5分圏内などの都心の好立地の物件を多く取り扱っています。

年間取引件数は、1101件、1日に3件以上の投資用不動産の取引が行われています

親身な営業スタッフが揃っており、お客様にあった提案を日々心掛けています。
営業スタッフプロフィールはこちら

不動産会社に騙されるのではないか、と心配な方にこそおすすめできる会社です。

まとめ


〈まとめ〉
インカムゲイン

キャピタルゲイン

インカムゲインキャピタルゲイン
向いている人安定した収入を長期的に得たい人一度に大きな収益を得たい人
リスク・収益性ローリスク・ローリターンハイリスク・ハイリターン
メリット利益が安定かつ継続的に入ってくる成功すれば大きな利益を得られる
デメリットキャピタルゲインに比べ利益が小さい利益が出ないもしくは損をする可能性がある
主な投資種類不動産を賃貸して得られる「家賃収入」不動産を売却して得られる「売却益」

 

業界トップの利回り・損失保証水準を実現!